吉田の大イチョウ自然

市指定の天然記念物で樹齢はおよそ900年。まちのシンボルとして地区住民に親しまれています。吉田大御神宮の御神木とされており、そばを通るとすぐに目につき、その大きさは目をみはるほどです。
落雷のため幹が破損した痕跡がありますが、樹勢はいまなお盛んで、旧県指定を受けた名木です。
昔から乳のでない母親が木の皮を水に浸して飲めば母乳が出るようになると言い伝えられており、この由来から「乳イチョウ」とも呼ばれています。

アクセス:
北長野駅から徒歩5分
住所:
長野市吉田3丁目 皇足穂吉田大御宮旧地(吉田小学校南)