泉洞寺歴史

中山道と北国街道の分岐点あたり、宿場街の雰囲気を今なお残す追分宿に1598(慶長3)年に開創された古刹です。墓地内の小径沿いにひっそりとたたずむ穏やかな風貌の歯痛地蔵は、作家・堀辰雄が愛した石仏として知られており、堀の小説「樹下」にも登場しています。

アクセス:
信濃追分駅から徒歩25分
住所:
北佐久郡軽井沢町追分1259
営業時間:
通年
定休日:
無休
料金:
境内自由
TEL:
0267-45-1354
URL:
http://www.sentouji.com/index.html
泉洞寺 泉洞寺