海野宿歴史

海野宿は寛永年間に北国街道の宿駅として開設されました。
道の中央を流れる用水と両側に並ぶ海野格子、防火壁の役割を果たす卯建(うだつ)、明治以降の養蚕に必要な気抜きなど、歴史を感じさせるたたずまいが現在に残ります。
江戸時代の旅籠屋造りと明治以降の堅牢な蚕室造りの建物とがよく調和しており伝統的な家並みです。
11月23日(祝)には海野宿ふれあい祭りが開催され、時代衣装行列 や、人力車も繰りだし往時の宿場の賑わいが甦ります。
海野宿は、昭和61年に「日本の道百選」に選ばれ、昭和62年には「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受けました。

アクセス:
田中駅または大屋駅から徒歩20分
住所:
東御市本海野1222-1
料金:
無料(駐車する場合は駐車料金が必要)
TEL:
0268-67-1034(東御市観光協会)
URL:
http://www.tomikan.jp/unno/index.html
備考:
(写真提供:信州・長野県観光協会)
海野宿 海野宿