小田井宿歴史

中山道は、江戸五街道のひとつで、町の東西に横切っています。
その街道の中に栄えた宿場の一つとして小田井宿があります。
旅籠はわずか5軒ほどの小さな宿場町だったため、大名より姫君など女性が多く休泊したことから、「姫の宿」とも呼ばれていました。
文久元年に、皇女和宮が十四代将軍徳川家茂に降嫁する際、小田井宿にお立ち寄りになった時に、給仕に出た者に人形が拝領されました。その人形は、年に一度の小田井宿まつりで見ることができます。

アクセス:
御代田駅からタクシー10分 徒歩30分
住所:
〒389-0201北佐久郡御代田町小田井
TEL:
0267-32-3111(商工観光係)
小田井宿 小田井宿