小諸高浜虚子記念館歴史

小諸時代の貴重な作品・資料を保存展示する市立の記念館

高濱虚子が太平洋戦争の戦火を避けて、小諸に疎開したのは昭和19年9月でした。当地小山栄一の援助のもと、厳しく美しい風土に接した虚子の詩精神は新たな躍動を見せ、此処に「小諸時代」という新たな世界を現出しました。
小諸高濱虚子記念館は虚子の偉業を顕彰するとともに小諸時代の貴重な作品・資料を保存展示する市立の記念館です。

アクセス:
小諸駅より徒歩15分(タクシー4分)
住所:
〒384-0006小諸市与良町2-3-24
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
年末年始(12月29日~1月3日)
毎週水曜日(祝日にあたる場合は木曜日)
料金:
一般300円、団体(30名以上)200円、小中学生200円、団体(30名以上)150円
会議室使用料 1日1500円
TEL:
0267-26-3010 
備考:
「北国街道与良館」の近く。道沿いに駐車場あり。その奥に記念館があります。
隣接する虚子の旧宅「虚子庵」を同時に一般公開しています。
小諸高浜虚子記念館