重要伝統的建造物群保存地区 稲荷山歴史

2014年12月に、重要伝統的建造物群保存地区に指定された千曲市稲荷山地区は、善光寺道(北国西街道)の最大の宿場町として栄え、明治以降は、生糸と絹織物の商いの町として、北信濃を代表する商都として繁栄しました。
昔の面影を残す町並みは、防火性にすぐれた白色のなまこ壁の蔵が目を引きます。

アクセス:
屋代駅からタクシー15分
住所:
千曲市稲荷山地区
TEL:
026-275-1326
URL:
http://chikuma-kanko.com/modules/contents/index.php?content_id=2
重要伝統的建造物群保存地区 稲荷山 重要伝統的建造物群保存地区 稲荷山