武水別神社歴史

年代は定かではありませんが、延喜式の名神大社で、孝元天皇の時代の創建といわれています。のち戦火をあびて荒廃しましたが、武神として崇敬を集め、養和年間、木曽義仲が戦勝を祈願しました。
社地は約17,000㎡、本殿・拝殿・勅使殿などを備え、熱田社・酒造祖神社ほか末社十六社をもちます。本殿と社宝の銅製釣灯籠が県宝に、境内の古木はまれに見る社叢として県の天然記念物に指定されています。
また地元では、「おはちまんさん」と呼ばれて親しまれており、交通安全祈願の神社として有名です。
12月10日から14日の5日間にかけて行われる大頭祭は、国の選択無形民俗文化財に指定されており、古式ゆかしい装束に身を包んだ「頭人」と呼ばれる氏子の代表が参道を練り歩きます。

アクセス:
屋代駅からタクシー10分
住所:
〒387-0023千曲市八幡3012
TEL:
026-272-1144
URL:
http://takemizuwake.web.fc2.com/index.html
武水別神社