龍神まつりイベント

真楽寺に伝わる「甲賀三郎伝説」をモチーフにしたまつりで、御代田町の夏の一大イベントです。
龍神の開眼式が行われる真楽寺は、甲賀三郎が龍の姿となって、地底の世界から戻ってきた場所だと伝えられています。
全長45mの「甲賀三郎」と21mの「舞姫」が、龍神太鼓の演奏にあわせて舞い踊り、まつりの終わりには、花火が夏の夜空を彩ります。

アクセス:
真楽寺:御代田駅からタクシー10分 徒歩35分
龍神の杜公園:御代田駅から徒歩5分
開催場所:
北佐久郡御代田町御代田  真楽寺・龍神の杜公園
開催期間:
7月最終土曜日
龍神まつり