信濃追分

川端康成・堀辰雄・福永武彦・加藤周一・立原道造。。数々の文学者に愛された信濃追分は、懐かしさの漂う駅舎が魅力的です。
駅舎にある「あたらさん編集室」に住まう駅守の猫のフーちゃんと編集長の那須由莉さん曰く「季節ごとに駅舎が花に溢れている美しい駅、周辺は古くから別荘地として愛され文学者はもちろんのこと芸能人なども訪れる」とのこと。静謐な森に包まれた心地よいエリアです。
すこし歩いて追分宿方面に向かえば、小川流れる文学小路に浅間神社、シャーロックホームズ像など。
「高原の駅よさようなら」をぜひみていただきたい。昔の信濃追分の辺りがこんなだったとは!と驚く人も、懐かしさを感じる人もいるのでは?

御影用水の温水路はふらりと訪れたい隠れスポット♪

  • 徒歩でふらりと
  • バス・電車でふらりと
  • 地図から探す
古書追分コロニー 歴史 古書追分コロニー

軽井沢町追分にある「村の古本屋」です。人が精神的に豊かな生活を送るための様々な遊び的「衣・食・住、音楽、旅、 趣味、健康、文芸、経済、社会、哲学、政治」等の幅広いジャンルの本を取り扱っています。

堀辰雄文学記念館 歴史 堀辰雄文学記念館

原稿・書簡・初版本・遺愛の品々が展示され、堀 辰雄の生涯と文学の背景を知ることができる展示室、辰雄が晩年を過ごした住居、愛蔵書が納められた書庫があります。

文化磁場油や 歴史 文化磁場油や

旧中山道・追分宿で脇本陣をつとめ、堀辰雄・立原道造ら文士たちが執筆に利用した由緒ある旅籠「油屋」の建物を活用し、アート・古美術のギャラリー、古書店、レコード店や喫茶室などを備えたレトロな雰囲気の文化拠点です。

浅間神社 歴史 浅間神社

浅間山の鎮静祈願のために明治天皇の勅祭が行われた社で、本殿は室町時代のもの。「ふきとばす 石も浅間の 野分かな」と芭蕉がうたった句碑が境内にはおかれている。

泉洞寺 歴史 泉洞寺

中山道と北国街道の分岐点あたり、宿場街の雰囲気を今なお残す追分宿に1598(慶長3)年に開創された古刹です。墓地内の小径沿いにひっそりとたたずむ穏やかな風貌の歯痛地蔵は、作家・堀辰雄が愛した石仏として知られており、堀の小説「樹下」にも登場しています。

追分宿郷土館 歴史 追分宿郷土館

追分宿の旅籠・茶屋・問屋の民俗資料と、近世宿駅制度を研究する上で重要な歴史資料を残した本陣土屋家の古文書等を中心に展示・公開しています。

しなの追分馬子唄道中 イベント しなの追分馬子唄道中

宿場の面影を残す追分宿で旅姿の武士や、旅人を乗せた馬方が、追分で発祥し全国各地に伝えられた追分節・馬子唄を歌いながら中山道を歩きます。

石尊山 自然 石尊山

山頂からの展望は素晴らしく、浅間山はもちろん、八ヶ岳、北アルプスも見ることができます。


このページのスポット情報は、変更や廃止などにより状況が変わる場合がございます。
当協議会では、一切責任を負いかねますので、予めご了承ください。
詳しくは各スポットまでお問い合わせください。

pagetopへ

Copyright (C) FURARITO SHINATETSU. All Rights Reserved.